このエントリーをはてなブックマークに追加

ギャンブルに向いている彼の話

ギャンブルに向いている彼の話。
最初に書きますが、わたしはギャンブルには向いていません。借金をしてギャンブルをした経験もあります。
しかし、わたしの知っている、ギャンブルに向いている彼の話をしようと思います。

ギャンブルに向いている人とは、ギャンブルが好きな人ではなくて、お金が好きな人です。彼曰くギャンブルとは、大好きなお金を生み出す手段に過ぎないという考えです。

私自身も、お金は好きです。しかし、借金をしてギャンブルをした経験もあります。このような思考は、はっきり言ってギャンブルには向きません。
芸能人の松居一代さんが、お財布を専用の布団に寝かせているのは有名な話ですが、ギャンブルに向いている彼にもお金に対するルールがあるようです。
単純なことのようですが、財布の中のお札の向きは、必ず揃えてしまうことです。

ここからは、彼の趣味のパチンコを例に挙げて紹介してみましょう。
財布の中に3万5千円持っているとします。内訳は、1万円札が3枚、1千円札が5枚です。

皆さんは、1万円札と1千円札どちらのお札からパチンコ台に投入しますか?
ギャンブルに向いている彼は、迷わず1万円札から投入します。仮に7千円使った時に大当たりしたとします。
すると、財布の中には1万円札が2枚、1千円札が5枚です。そして、プリペイドカード内に3千円の残高です。

わたしは、1千円札から投入したとします。仮に7千円使った時に大当たりしたとします。
すると、財布の中には1万円札が2枚、1千円札が0枚です。そして、プリペイドカード内に8千円の残高です。

どうでしょう、持っている金額はどちらも同じですが、お札の枚数の変化に気づいた方はいらっしゃいますでしょうか?
彼曰く、1千円札から使う人はお金が好きなのではなく、ギャンブルが好きな人だというのです。

この話には、続きがあります。
7千円で大当たりしたパチンコ台が4連チャンしてドル箱3杯になったとします。

皆さんは、交換しますか?持ち球遊戯しますか?

ギャンブルに向いている彼は、迷わず全て交換します。プリペイドカード内の残高も全て交換します。そして財布の中にお札の向きは、必ず揃えてまたしまうのです。これで、今日のパチンコは終了ではありません。また、次の出そうなパチンコ台を探すのです。
そして、座る台が決まったら迷わず1万円札から投入します。

彼曰く、持ち球遊戯は、店の望む行為であり、プリペイドカード内の残高を使い切ることも店の望む行為であるというのです。
そして、ギャンブルが好きより、お金が好きという思考が根底にあります。
皆さんは、自分がギャンブルに向いていると思いますか?ギャンブルに向いている彼の思考に似ていると思った方は、素質があるかもしれません。

信じるか信じないかはあなた次第です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です