"

消費者金融の金利が高い理由

消費者金融の金利について注目する記事を見つけました。
そこで消費者金融の金利が高い理由を自己破産した立場から紹介したいと思います。

消費者金融の金利

消費者金融の金利は、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%が金利の上限とされています。

例えば、18%の金利で50万円を借りた人が、2年間で完済を目指すとすると、完済時に利息だけで10万円近く支払うことになる計算です。

返済能力と貸し倒れリスクは誰にもわからない

消費者金融のカードローンは、無担保・保証人なしで借りられるのが当たり前の時代です。しかし、誰でも簡単に借りられるかといえばそうではありません。年収や勤務先、他社の借り入れ状況などしっかり審査したうえで条件が整えば借りることができます。
わたしも例外なく審査を受けて借りることができました。
現在は、自己破産申し立て段階にいます。
審査結果だけで返済能力と貸し倒れリスクを100%押し測れないことを、経済学上の概念で「情報の非対称性」というそうです。

「情報の非対称性」が生み出す結果

消費者金融からすれば、返済能力が高く、貸し倒れリスクを100%回避できる人には、低金利でお金を融資して、返済能力が低く、貸し倒れリスクを回避できない人には、高金利でお金を融資することが理想だと思います。

実際には、「情報の非対称性」の概念(貸し倒れリスクを100%押し測れない場合)があり、「返済能力が高い人用」と「返済能力が低い人用」の中間に金利を設定せざるを得なくなります。
すると、返済能力が高く低金利でお金を融資してほしい人たちはこの場から去ってしまいます。
残るのは、返済能力が低い人だけという結果になり消費者金融にとって一層リスクが高まるため、さらに金利を高めに設定することになります。
しかし、返済能力の低い人たちの中でも相対的に返済能力が高い人がいます。さらに高めに金利を設定されるとどうなるでしょう?
結果的にさらに返済能力が低い人の割合が多くなり、消費者金融はリスクを最大限に考慮した金利設定をすることになります。

まとめ

消費者金融の金利が高い理由は、わたしのような自己破産などの貸し倒れリスクを考慮した結果といえます。
言い換えれば、「返済能力が高い人」、「返済能力の低い人」の線引きなく消費者金融がリスクを最大限に考慮した金利でお金を貸しているといえます。
消費者金融からお金を借りる際の参考にしてみて下さい。

お金

Posted by hasan77