"

クレジットカードのリボ払いは本当に危険です

わたしの借金の大半は、クレジットカードのリボ払いでした。
クレディセゾンカード、ファミマTカード(ポケットカード)の2社だけで300万円ありました。馬鹿です…。

リボ払いが、なせ危険か?

リボ払いとは、利用金額に応じて毎月の支払いを一定金額にする返済方法です。手軽に月々の返済負担を減らせるというメリットがある反面、金利が年利15%~18%と高く返済を重ねてもなかなか元金が減らないというデメリットがあります。

クレジットカードを使い始めたときは誰でもそうだと思いますが、翌月または翌々月の支払いを考えて使います。わたしも最初はそうでした。
しかし、慣れてくるとつい使いすぎてしまい翌月の支払い明細を見て焦ります。そんな時、簡単にリボ払いに変更でき、尚且つ生活が楽になる。
リボ払いがなぜ危険かというと、金銭感覚が麻痺してしまうからです。
借金がどんどん増えていっているにも関わらず、毎月の支払いが少なくて済むため危機感が薄れてしまいます。

2社だけで300万円あった理由にも、リボ払いが関係しています。
返済方法をリボ払いに選択したことで毎月の支払い負担が減りますが、元金はほとんど減りません。使い続けると元金がどんどん増えてしまいやがて利用限度枠がいっぱいになります。
クレディセゾンカードが利用限度枠いっぱいで使えなくなってしまったため、困ったわたしはファミマTカードを使い始めました。ちなみに、ファミマTカードはリボ払い専用です。(初期設定で変更も可能なようですがわたしは知りません)
カード会社は親切です。遅れずに返済を続けていると利用限度枠を見直してくれます。後は一方が使えなくなったら、もう一方を使うの繰り返しで、300万円まで膨れ上がりました。

支払いが遅れるとブラックリストに載るからという理由でリボ払いに変更される方もいるかと思います。しかし、よく考えてみて下さい。銀行引き落としの際、口座の残高が1円でも足りなければ引き落としはされません。顧客の勘違いや手違いも全てブラックリストにしていたらカード会社も管理しきれないと思います。2回目の引き落としや請求書、カード会社からの連絡を無視するとブラックリストに載る可能性がでてきます。

支払い方法を安易にリボ払いをに選択するのは本当に危険です。
自己破産したわたしが言うのですから嘘ではありません。