"

借金の返済がなくなくなると人はどう変わるのか?

自己破産結審からおよそ1ヶ月が経ちました。

今、わたしと自己破産を結ぶものは法テラスの毎月10,000円の支払いだけです。
それもあと8ヶ月ほどで終わります。

借金の返済がなくなると人はどう変わるのか?

借金の返済がなくなるとお金のストレスから解放されイライラすることがなくなりました。穏やかに過ごすあまりお金に対して貪欲さがなくなってしまいました。以前は、コンサルタントさんを雇ってせどりの副業の勉強や実践をしていましたが自己破産により止めてしまいました。自己破産が終わったら連絡してくるといいと言われましたがそれっきりです。もちろん資本がないと出来ないことですが、所詮、切羽詰まらないと人は動かないということだと思います。

借金の返済がなくなると給料日がとてもハッピーな日になりました。たまに家族団らんで外食できるときは、ごく普通な出来事にもかかわらず幸せを感じています。

夫婦仲について以前はお金にまつわる喧嘩が堪えませんでしたが、それも落ち着きもっぱら喧嘩の原因が子どもの教育についてという普通の家庭に戻りました。借金が原因の夫婦喧嘩なんて子どもに与える影響は良くありませんね。

正直なところ借金に対する誘惑は今でもあります。さっそく、信販会社からのハガキが届きました。どこでどうやって調べるのかブラックでも借りれます。ってやつです。
わたしは会社バレしていますから借りることはありませんが借りる人は借りるでしょう。
そういえば、自己破産すると7年間は自己破産できないそうです。

最近では映画、ドラマをよく観るようになったという変化が起こりました。
わたしの場合、自転車操業のあまり給料日にも関わらずお金がないという事態に陥っていましたから朝から晩まで頭の中はお金のこと。仕事にも身が入らず心にゆとりがありませんでした。今では心のゆとりがそのまま興味のあるものに注がれているのだと思います。

借金の返済がなくなくなると人はどうなるのか?といえば一番大きな変化は太ったことです。
仕事用の作業着がきつくて仕方ありません…。