"

規制強化へパチンコ業界が冬の時代に突入!?

巷で話題のパチンコ業界の出玉規制。

警視庁はパチンコの標準的遊戯時間に客が得られる儲けが5万円を下回るように出玉規制を強化する方針です。
現行の2,400個(9,600円)相当の出玉を1,500個(6,000円)程度へ引き下げ、連チャン継続率についても見直しが行われるようです。

これまでもギャンブル依存症対策として様々な規制が行われてきたパチンコ業界ですが、今回の規制でまたしても冬の時代へ突入する予感がします。

わたしのようなギャンブルで借金を増やしてしまうギャンブル依存症と呼ばれる人たちにとっては朗報なのでしょうか?
借金が自転車操業のとき、手っ取り早くお金を稼ぐ手段としてわたしも無謀なチャレンジを何度も試みました。
たまにはそれで命拾いするときもありましたが、大半は傷口を広げたものです。

現実はそんなに甘くはない。

ギャンブル依存症の人たちにとっては1円パチンコですら依存体質への入り口となりますから規制強化が必ずしも正しいとは限らないと思います。それより借金ができないようにしないといけません。

規制強化の方針が決まったものの実施はまだ先のようで、折門、カジノ法案を推し進めてきた安倍政権の支持率低下から「安倍政権が倒れたら出玉規制もどうなるかわからない。」という業界関係者の声もあるようです。